Director

パブロ·ラライン 〈監督・共同脚本〉

 1976年、チリ·サンティアゴ生まれ。『Fuga』(06)で長編デビューを果たし、カルタヘナ映画祭で初作品(Best First Work)賞、マラガ・スペイン映画祭でラテンアメリカ映画賞を受賞。続いてチリの現代史を題材にした3部作『トニー·マネロ』(08·未)、『Post Mortem』(10)、『NO』(12)を手がける。なかでもアウグスト・ピノチェト大統領の独裁政権に立ち向かう広告マンの選挙キャンペーンを描いた『NO』は、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるなど世界的に高い評価を得た。罪を犯した聖職者たちが暮らす海辺の家を舞台にした人間ドラマ『ザ・クラブ』(15·未)では、ベルリン国際映画祭審査員グランプリを受賞、ゴールデン·グローブの外国語映画賞にノミネートされた。さらに、ノーベル文学賞に輝く詩人パブロ·ネルーダの伝記映画『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』(16)を発表したのち、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(16)で初の英語作品に挑戦。ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ大統領夫人のジャクリーン・ケネディを演じた同作品は、アカデミー賞3部門にノミネートされるなど大きな反響を呼んだ。また、プロデューサーとしても活躍しており、ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)を受賞した『グロリアの青春』(13)、アカデミー賞外国語映画賞など数多くの賞に輝いた『ナチュラルウーマン』(17)の製作を務めた。2020年のコロナ禍における外出制限下に撮影された短編集「HOMEMADE/ホームメード」(Netflix)の製作・監督に名を連ねている。ララインがプロジェクトの発起人のひとりとして、国際的に活躍するフィルムメーカーらに声を掛け、彼のプロダクションであるファブラが共同制作も務めている。今後の活動としては、クリステン・スチュワートがダイアナ元妃を演じる『Spencer』のメガホンを執ることが予定されている。『Spencer』のメガホンを執ることが予定されている。現在、Apple TV+のテレビシリーズ「Lisey’s Story」を制作中。自身は監督、J・J・エイブラムスが製作総指揮、ダリウス・コンジが撮影、ジュリアン・ムーア&クライヴ・オーウェンが出演という錚々たる面々を配したスティーヴン・キングの原作である。