MENU

貴公子

INTRODUCTION
予想もしなかった運命に翻弄され、巨額の遺産相続争いに巻き込まれた貧しい青年。彼の前に現れた美しい顔立ちの男“貴公子”は味方か? それとも悪魔か?
次々と傑作を放つ韓国映画界から新たなアクションノワールが登場。一瞬も見逃せないアクションで観客を釘付けにするのは『新しき世界』『THE WITCH/魔女』で絶賛を集めたパク・フンジョン監督。本作でも銃撃戦、接近格闘、カーチェイスだけでなく、登場人物たちの息詰まる攻防を熾烈なタッチでスクリーンに刻みつける。
さらに『海街チャチャチャ』で大ブレイクを果たしたキム・ソンホが映画初主演を務め、周囲を華麗に翻弄する魅惑的かつユーモラスな“貴公子”を熱演する。
莫大な遺産をめぐって繰り広げられるバトルと駆け引きは観客の予想を裏切る展開の連続。最後に生き残るのは誰か?謎の“貴公子”の真の狙いとは? 絶体絶命の瞬間だけで綴られる“衝撃超え”のドラマが幕を開ける。
STORY
フィリピンで病気の母のために地下格闘で日銭を稼ぐ青年マルコは、韓国人の父の行方を知らない。そんなある日、彼の前に“父の使い”を名乗る男が現れ、マルコは韓国に向かうことに。飛行機の中でマルコが出会ったのは自らを“友達チング”と呼ぶ謎の男“貴公子”。不気味に笑う貴公子に恐怖を感じ逃げるマルコだったが、彼の執拗な追跡と狂暴ぶりに徐々に追い詰められていく…。

なぜ、マルコの前に突然、父親は現れたのか…? 謎の貴公子の目的とは…?すべてが明らかとなった時、マルコはさらなる危機に見舞われる。
CAST
キム・ソンホ
キム・ソンホ
キム・ソンホ
韓国へ向かう飛行機の中、マルコの前に突然謎の男が現れ、友人だと名乗る。しかし彼は容赦なく周囲を破壊し続け、マルコは彼が敵か味方か分からなくなる。さまざまな思惑をもつ異なる集団がマルコの命を狙うなか、彼の真の意図が明らかになっていく。
キム・ソンホは、『メモリーインドリーム』、『ICE(原題/日本未)』、『タッチング・ザ・ボイド/運命を分けたザイル』といった演劇作品や、『キム課長とソ理事 ~Bravo! Your Life~』、『トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中!?』、『100日の郎君様』、『君のハートを捕まえろ!~Catch the Ghost~』といったTVシリーズなど、さまざまなジャンルで確かな演技力が認められている。2020年のTVシリーズ『スタートアップ:夢の扉』、2021年の『海街チャチャチャ』で国内外のファンを魅了し大ブレイク、多くの支持を得ている。そして、本作で満を持して映画デビューを果たす。
 
受賞歴
2023年
第59回大鐘賞映画祭-『貴公子』で新人男優賞
2023年
第32回釜日映画賞-『貴公子』で新人男優賞
カン・テジュ
カン・テジュ
カン・テジュ
マルコはフィリピンのアンダーグラウンドで活躍するボクサーで、病気の母と暮らしている。貧しい生活の中、母の手術代を捻出するためなら、どんなことでもするつもりだ。一度も会ったことのない父が自分を探していると聞いたマルコは、迷わず韓国に旅立つ。しかし現地に到着した途端、正体不明の人々に狙われ、訳も分からず追われることになる。
1980倍という競争を勝ち抜き、『THE WITCH/魔女』シリーズのキム・ダミ、シン・セギョンに続いてパク・フンジョン監督に抜擢された新人のカン・テジュは、病気の母の手術費用を捻出するためにフィリピンから韓国にやってきた貧しい青年、マルコ役を演じている。繊細な感情演技と完璧な没入感で、韓国映画界に存在感を示す新人の登場に期待が高まる。
キム・ガンウ
キム・ガンウ
キム・ガンウ
ハンは国内の著名な学術財団の理事で、ある目的のためにフィリピンにいるマルコを韓国に呼び寄せた重要人物。その目的を遂げるため、ハンはなりふり構わない執拗な追跡で、マルコを追いつめる。
俳優キム・ガンウは、『食客 Le Grand Chef』、『マリン・ボーイ』、『蜜の味~テイスト オブ マネー~』、『結婚前夜~マリッジブルー~』、『明日へ』、『後宮の秘密』、『死体が消えた夜』といった映画や、『グッバイ ミスター ブラック』、『婿殿オ・ジャクドゥ』、『99億の女』、『工作都市』といったTVシリーズに出演し、ドラマ、アクション、ロマンチックコメディ、時代劇、スリラー、メロドラマなど、さまざまなジャンルで幅広い演技力を披露している。本作では悪役としてパク・フンジョン監督の世界に復帰、母の手術費用を捻出するため韓国に渡る主人公マルコを執拗に追い回す財閥御曹司のハン理事を演じ、この物語のあらゆる出来事のきっかけとなる。
コ・アラ
コ・アラ
コ・アラ
韓国で正体不明の集団から追いかけられ、逃走しているマルコを助けるユンジュ。予期せぬ出会いに戸惑うマルコとは裏腹に、ユンジュは全てを予期していたような冷静沈着な態度をとる。何も知らないマルコだったが、ユンジュから予想外の話を聞かされ、興味を掻き立てられる。
女優コ・アラは、活発で明るい中学生のオクリム(『応答せよ1997』)、屈託がなく機知に富む新村のホステルオーナー、ソン・ナジョン(『応答せよ1994』)、正義をつらぬく情熱的な新人判事パク・チャオルム(『ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?』)など、さまざまな作品の登場人物に100%シンクロし、完璧に演じることで多くの支持と高い評価を得ている。本作では待望のスクリーン復帰を果たし、主人公マルコを追いつめる謎の女弁護士ユンジュ役を演じた。
キム・ソンホ
キム・ソンホ
パク・フンジョン監督は、『生き残るための3つの取引』や『悪魔を見た』の脚本家として早くから映画界で注目を集め、韓国のクライムノワール界の重鎮としての地位を確立した。監督デビュー以来、韓国犯罪映画の傑作『新しき世界』を皮切りに、数々の象徴的なシーンや印象的なセリフを世に送り出した。更に、過去にないユニークな題材と洗練されたアクションがセンセーショナルな『THE WITCH/魔女』シリーズで独自の世界を構築した。どの作品でも優れたストーリーテリング、魅力的な登場人物、圧倒的なビジュアルを披露し、韓国映画界においてノワールジャンルの巨匠としての地位を確立した。8作目となる本作を完成させ、先見の明のある監督として道を切り開き続けている。キャストとスタッフの揺るぎない信頼を受け、パク・フンジョン監督が送り出した本作は、サスペンスとスリル、ユーモアとアクションなど、さまざまなジャンルの楽しさが味わえるアクションノワールの傑作だ。
 
フィルモグラフィー
2022年
『THE WITCH/魔女 ―増殖―』(製作・脚本・監督)
2021年
『楽園の夜』(製作・脚本・監督)
2018年
『THE WITCH/魔女』(脚本・監督)
2017年
『V.I.P. 修羅場の獣たち 』(企画・製作・脚本・監督)
2015年
『隻眼の虎』(脚本・監督)
2012年
『新しき世界』(脚本・監督)
2011年
『血闘』(脚本・監督)
2010年
『生き残るための3つの取引』(脚本)、『悪魔を見た』(脚本)
 
受賞歴
2019年
第39回ファンタスポルト国際映画祭-『THE WITCH/魔女』で最優秀作品賞
2019年
第26回ジェラルメ映画祭-『THE WITCH/魔女』で審査員賞
2017年
ファンタスティック・フェスト映画祭-『V.I.P. 修羅場の獣たち』でスリラー部門最優秀監督賞
2016年
第36回ゴールデン・シネマトグラフィー・アワード-『隻眼の虎』で最優秀作品賞、最優秀監督賞
2013年
第8回韓国映画記者協会賞-『新しき世界』でクリエイティブ賞
2013年
第5回ブイル映画賞-『新しき世界』で審査員賞
2013年
第46回シッチェス映画祭-『新しき世界』でフォーカスアジア最優秀作品賞
2013年
第5回ロンドン韓国映画祭-『新しき世界』で審査員賞
2011年
第32回青龍映画賞-『生き残るための3つの取引』で最優秀脚本賞
2011年
第15回ファンタジア国際映画祭-『生き残るための3つの取引』で最優秀脚本賞